<< まぐろレストラン 大遠会館 茄子の煮浸しおろしそうめん >>

日帰りde篠島「鱧とあわびグルメ旅」

おはようございまーす♪♪

昨日は、パパさんに息子たちをお願いして、日帰りで旅行に行っていました!!

行った先は・・・


「篠島」



「日帰り篠島、鱧とアワビの旅」でございまーす!!!
f0324242_08241773.jpg
電車で3時間ほどでしょうか。
今回、「名鉄電車の旅行プラン 」を利用し、行ってまいりました。
名古屋からですが、電車・バス(※無料)・フェリー代・食事代がついてのこの旅行プラン。

なんとアワビと鱧のコースで、なんと「8900円」


交通費だけで名古屋~篠島が片道2320円かかるし、(往復で4640円)
食事代や、温泉代を含めたら・・・安いですね~!!

しかーし今回いろいろ思うこともあったので、民宿の名前は伏せておきます(一番下で暴露予定






電車を乗り継ぎ、フェリーへと向かいわくわく!!
f0324242_08241707.jpg
わずかな時間ですが、同行者と楽しもうね~と意気揚々!

今回実は「妊婦さん2人」との旅。
鮑って目のきれいな子が生まれるといいますよね~

食べて目のきれいな子が生まれるといいね、なんて言いながら行ってまいりました。





温泉を楽しみ、宴会場に向かうと、3組のお客様で、部屋は満員。(人気なんだな~
子供が騒いでましたが、気にならなくなったのは、自分が母親になったからなんだろうな。




さてさて料理の始まり始まり。

なんってごはんに合う先付け。
f0324242_08242458.jpg
出汁巻き卵(これはふつー
塩から(臭みもなくぷちんぷちん旨い
じゃこと胡桃の佃煮(味濃くて美味しい!


ご飯が無いことが恨まれます。(お雑炊だったんだけど、せめて「白米要りますか」と聞いてほしい


もずく酢(すっぱみも薄く、食べやすい。細めのモズクですがしっかり、歯ごたえもある。
f0324242_08242413.jpg

同行者の「活き鮑のバター焼き」
f0324242_08241713.jpg
うねうね動く~新鮮さが分かります。
しかも割と大きめですよ。
旅費を考えると大満足!!


しかし、「自分たちで火つけたほうが楽しいでしょ~」とお願いするまで火をつけてくれんかったし
バター焼きのバターは自分たちで乗せさせられました。(わらったよ。


私の鮑の刺身。
f0324242_08242452.jpg
こりこり~!!!
長さ5cmくらい??この値段でこのサイズすごーい!!
ほんと新鮮です。


刺身盛り合わせ。
f0324242_08241703.jpg
鯛、スズキ、ミル貝。

こりっこりで、新鮮そのもの~!!
ミル貝のムチムチ・つるつる食感が癖になる美味しさ!!

こちらはお酒が進む~!!



なんと生シラス。
f0324242_08242366.jpg
今の時期にも食べれるのね~!
こちらも新鮮さが際立つ。

小さ目で、食感もちょうどよく美味しい♡



さてさてメイン2個目!
f0324242_08242437.jpg
鍋用の野菜・・・


そのわけは~
f0324242_08241711.jpg
鱧しゃぶ!(肝付)

こんな感じでしゃぶしゃぶ。
f0324242_08242300.jpg
うおーーーーこんな半生の状態で鱧食べたの初めて。
骨切もしっかりされてて、臭みもなく
むちむちしてて美味しい!!!!

このあと、鱧のとれた出汁で、雑炊を作ります。(自分たちでやれって感じでしたけど
鱧のエキスをしっかり吸った雑炊は、そりゃー悶絶ものでした。


あとは一番感動した「鱧の天ぷら」(写真撮り忘れーーーー
サックサクふわふわで、フグよりも好きーーーー!!


あと、忘れたころに出てきた。
f0324242_08242365.jpg
大あさり。

これも大きくて、ムチムチしてておいしかったなぁ~~~!!



最後に、デザートでもものゼリー(手作り)が出てきました。(これまた写真撮り忘れ




食事は、種類も多くありますが、全体的にヘルシーだし
最後までガッツリ楽しめました。(よく食べる人や、男性には少ないかも・・

新鮮でおいしく、「食事」に関しては、大満足。







ここからは少し愚痴。


しかーーし、この食事中。

料理の説明はひとつもなく、聞かなきゃ教えてくれない。
さらに、いっぱい調味料並んでるけど、どれにどれを使うか教えてくれない。(醤油にポン酢、天ぷらだしなど


さっきも言ったけど、火をつけること、雑炊をつくること、切り分けることなど
なぜ私たちがしなければいけない。




お茶すら組んでくれず、水すらも無い。(最終外に「セルフ状態」であったんですけど、説明がないからわからない)




さらには
日帰り旅行=部屋に通される、イメージだったのですが

「温泉orごはん」か聞かれ、

「温泉」を選ぶと、そのまま温泉へ通され。



島のいわゆる狭い温泉ゆぇ、当然貴重品を預けるところもありません。
バスタオルの貸し出しもなし。
とーっても汚れた空調設備に「うっ」と思いながら、床に荷物を置くこともできずでした。

温泉のレベルはわかっていたものの、部屋を貸してくれていれば・・・と思う気持ちを抑え


ただひたすらに「次男(3か月児)を連れてこなくて本当に良かった」と思いました。





そして、宴会所も、空いてる部屋はいっぱいあるのに、
狭めの1つの部屋に今回参加した3組全てが案内される始末。(料理の仕出しが面倒だからでしょうねー


「ゆっくり」というよりは、「食堂」に来たのと一緒・・・


宴会所も結局、机の席だったから、次男を連れてきてたらエンドレス抱っこでした。



値段が値段なので文句をいっちゃーいけませんよね。
料理はおいしいんです。
なんかもったいない!!




極め付け、宴会所に入るときに脱いだ靴が、帰りも同じ状態だったこと。

・・・
・・・・・宿だよね?



こんなもんなんでしょうか?
私が期待しすぎたのかな。


でも日間賀で前日帰りで行ったところはもっと全然違ったのにな。




もうちょっと頑張ってほしいな。

しかしながら料理は満足、宿選びを慎重にすれば、大満足の旅だったことでしょう!





ランキング参加しています↓


にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ
にほんブログ村

[PR]
by werry115 | 2014-09-08 09:03 | 旅行・おでかけ | Comments(0)
<< まぐろレストラン 大遠会館 茄子の煮浸しおろしそうめん >>